安心して実践してほしいから・・・、そして、徹底して国民健康保険料・国民年金を「ガツン!」と削減してほしいから・・・

国保劇的削減激ヤバテク情報

バカ高い国民健康保険料や国民年金、何とかならないものでしょうか?

実は・・・

国民健康保険料と国民年金の負担を「ガツン!」と削減して“手元に残るキャッシュを増やす方法”があります・・・

国民健康保険料が高いと感じる方は必見!

ストレートにお話します。

これからお話しするのは国健康保険料・国民年金保険料を「ガツン!」と削減し、可処分所得を最大化するスキームです。おそらくはあなたがはじめて耳にするスキームでしょう。このスキームにはたくさんのメリットがありますが、そのうち導入時点で確定する5つのメリットをご紹介しますと・・・

  • 国民健康保険料が最大69万円安くなる!

    ⇒ 現在、国民健康保険料の上限額は年間77万円です。しかし、このスキーム導入後は年間約8万円の負担になります。
    よって、その差額は69万円 ―― これだけの保険料を削減できます。

  • 国民年金保険料も最大16万円安くなる!

    ⇒ 奥様がいる場合は国民年金保険料の年間合計36.6万円(毎月15,250円×12ヶ月×2人分)です。一方、このスキーム導入後は年間約20万円になります。
    よって、その差額は16万円 ―― これだけの保険料を削減できます。

  • さらに、所得税・住民税が最低9.75万円安くなる!

    ⇒ さらに、このスキームの削減効果は社会保険料(「国民健康保険料」「国民年金保険料」)だけではありません。
    節税メリットもあります!今よりも所得税・住民税が最低でも9.75万円安くなります。

「そんなウマイ話があるわけない!」とお思いでしょうか。でも、あるのです!もちろん、1ミリの違法性もありません。完全に、合法的に、安心して、導入できる「合法的なスキーム」です。

以前相談を受けたAさんの相談内容を公開します、、、

《Aさんからの相談 》

40歳で国民健康保険に加入しています。 家族4人で申告所得350万円程度。国民健康保険料が年間約66万円で衝撃を受けています。私と嫁の国民年金保険料を併せると、年間約103万円の支払いです。正直めちゃくちゃ厳しいです。もうすぐ3人目が生まれるのですが、さらに高くなるかと思うと恐ろしいです。 未納者や高齢者の医療費増加がその原因なのでしょうが、背に腹は代えられません…。 バカ高い国民健康保険料、何とかならないものでしょうか?

では、年103万円の負担を、
年29万円(74万円)に激減できたら?

いかがでしょうか?
少しはご興味を持っていただけましたでしょうか?

国民健康保険の負担にまつわる悩みなど一瞬で解消されるはずです。その悩みを一瞬で解消し、そこからさらに可処分所得を最大化する。―― それが今回あなたにご提案する『国民健康保険料劇的削減スキーム』です。どうかこの続きをお読みください!⇒

国民健康保険の仕組み

まずは国民健康保険制度について簡単にご説明いたします。

国民年金保険料は全国統一(15,250円〈平成26年度〉)ですが、国民健康保険料は最高限度額「77万円」のみが決まっており、最高限度額までは市町村(自治体)によって計算方法が異なります。共通するのは被保険者が納める国民健康保険料には「①医療分保険料」「②支援分保険料」「③介護分保険料」という3つの区分があり、それぞれに「所得割額」(所得に応じて算定)と「均等割額」(世帯人数に応じて算定)といった金額をプラスして計算されるということです。(※ここにさらに「資産割額」〈保有資産に対して算定〉、「平等割額」〈世帯ごとに一律算定〉などの計算項目が追加される市町村もあります)

(例)横浜市の国民健康保険料計算方法

加入者ごとに各保険料を計算し、合計したものが世帯全体の保険料となります。
  • 医療分保険料
    (限度額:51万円)
    《所得割額》
    基準総所得金額(★)
    ×
    医療分所得割料率
    (7.51%)

    《均等割額》
    医療分均等割料率(額)
    (33,780円)
  • 支援分保険料(※1)
    (限度額:16万円)
    《所得割額》
    基準総所得金額(★)
    ×
    支援分所得割料率
    (2.37%)

    《均等割額》
    支援分均等割料率(額)
    (10,640円)
    (※1)後期高齢者医療制度の費用の一部に充てるため、拠出金として社会保険診療報酬支払基金に収めるものです。
  • 介護分保険料(※2)
    (限度額:14万円))
    《所得割額》
    基準総所得金額(★)
    ×
    介護分所得割料率
    (2.67%)

    《均等割額》
    介護分均等割料率(額)
    (14,060円)
    (※2)介護保険制度の費用の一部に充てるため、拠出金として社会保険診療報酬支払基金に収めるものです。介護分は、40歳以上65歳未満の方のみとなります。

基準総所得金額 =
総所得金額等 - 市民税の基礎控除額(33万円)

端的にいうと、国民健康保険はどこの市町村でも、所得が多ければ多いほど、また世帯加入者数が多ければ多いほど保険料が高額になります。しかし、その保険料は市町村によって「大きな差」があるという“おかしな制度”になっています。

ではなぜ各市町村によって計算方法が違うのか? どこの市町村でも国民健康保険料には「①医療分保険料」「②支援分保険料」「③介護分保険料」という3つの区分あるという点は同じですが、「所得割額」、「均等割額」(「資産割額」、「平等割額」)といった金額が市町村によってかなり異なってくるからです。その結果、国民健康保険では次のような“おかしな現象”が往々にして起こってしまいます。

下記の表をご覧ください。これは市町村によって保険料の違いを抜粋したものですが、これだけの格差があるのです!

市町村によって保険料がこんなに違う!

【前提】課税所得350万円 家族4人(夫40歳:個人事業主/妻40歳:専業主婦/子5歳/子3歳)
埼玉県
さいたま市
滋賀県
大津市
千葉県
千葉市
京都府
京都市
(年)
559,350円
(年)
569,300円
(年)
494,580円
(年)
699,060円
東京都
中央区
大阪府
大阪市
神奈川県
横浜市
兵庫県
神戸市
(年)
524,600円
(年)
647,600円
(年)
659,110円
(年)
770,000円
【参考】 東京都内、大阪府内の保険料格差
東京都
葛飾区
大阪府
守口市
東京都
国立市
大阪府
摂津市
(年)
552,600円
(年)
720,950円
(年)
365,650円
(年)
537,760円

ご覧のとおり、「神戸市」と「国立市」を比べると、その格差は“倍”以上です。同じ制度なのに「(年)40万円」も保険料が違うのです!

おかしなところはまだあります。国民健康保険制度ではその変な計算方法から課税所得が「倍」になったとしても、最高限度額があるので“大して保険料は変わらない”という点です。例えば、前提条件の課税所得が350万円→700万円になると、こうなります。

課税所得が倍になっても保険料は大して変わらない!

【前提】課税所得700万円 家族4人(夫40歳:個人事業主/妻40歳:専業主婦/子5歳/子3歳)
埼玉県
さいたま市
滋賀県
大津市
千葉県
千葉市
京都府
京都市
(年)
730,000円
(年)
770,000円
(年)
752,980円
(年)
770,000円
東京都
中央区
大阪府
大阪市
神奈川県
横浜市
兵庫県
神戸市
(年)
752,800円
(年)
770,000円
(年)
770,000円
(年)
770,000円

つまり、取れるところからはより多く取るではなくて、取れないところからからより多く取る。―― 現行の国民健康保険制度は所得が低い人ほど負担割合が大きくなるという「逆進性」があるのです。これもまた国の社会保障としては「おかしいだろ!」と思うわけです。

すでにご承知のとおり、国民健康保険制度は慢性的な赤字構造になっていて、平成24年度の国民健康保険の財政赤字は3,055億円。しかも全国1,717の保険者(市町村)の実に47.7%(819の市町村)が赤字という状況です。

では今後それは改善の見込みがあるのかというと、少子高齢化でますます悪化していくことが確実なわけです。遅かれ早かれ、国民健康保険料の値上げということになるでしょう。(実際、ここ数年で多くの市町村が値上げしていて、テレビや新聞で報道されてますよね。)

では、どうすればいいのか?

ここで冒頭のAさんに登場してもらいましょう。

現在、Aさんの国民健康保険料は世帯合計で年間約65.9万円(1ヶ月あたり約5.5万円)です。ここにAさんと奥さんの国民年金保険料(毎月15,250円)それぞれ36.6万円(年間18.3万円×2人分)がプラスされると、社会保険料の年間合計は約103万円になります。

そこで、Aさんに『国保劇的削減激ヤバテク情報』を導入してみると、どうなるか?

横浜在住、Aさんの場合

【前提】課税所得700万円 家族4人(夫40歳:個人事業主/妻40歳:専業主婦/子5歳/子3歳)
社会保険料 内訳 金額
国民健康保険
(世帯)
(年)
659,110円
国民年金保険
(本人)
(年)
183,000円
国民年金保険
(配偶者)
(年)
183,000円
合計 (年)
1,025,110円
『国保劇的削減激ヤバテク情報』導入後
社会保険料 内訳 金額
国民健康保険
(世帯)
????????
国民年金保険
(本人)
????????
国民年金保険
(配偶者)
????????
合計 (年)
286,920円

年103万円の負担が
年29万円(74万円)に激減!

いかがでしょうか?
少しは興味を持っていただけましたでしょうか?

厚生労働省は、自営業者や年金生活者が加入する国民健康保険の年間上限額を引き上げる方針です。国民健康保険料は、個人事業主にとって今でもかなりの負担になっているはずですが、今後はさらに負担が大きくなることが予想されます。これまで、この負担を何とかしたいと思っていても、国の制度だからと仕方なく国民健康保険料や国民年金の社会保険料を払ってきたかと思います。しかし社会保険料の削減は決して「聖域」ではありません。

『国保劇的削減激ヤバテク情報』は、「国民健康保険料の負担を何とかしたい・・・」と苦しむ方のために開発したものです。私は『国保劇的削減激ヤバテク情報』で、重くのしかかる社会保険料を「ガツン!」と削減するお手伝いをしたいと考えています。

あなたは知らないうちに損をしています!

『国保劇的削減激ヤバテク情報』』は、国民健康保険・国民年金・社会保険のルールを組み合わせ、また、税金のルールも加味して、それぞれの角度から最適な方法を集めた、知識と経験に裏付けされた結晶(ノウハウ)です。

このマニュアルは、あなたにいくらの価値をもたらすでしょうか?

先程も触れましたが、高額な国民健康保険や国民年金を少しでも安くするために、あなたは誰にご相談するべきか・・・。社会保険労務士、税理士・・・?

正直なところ、「現金を残す」という観点から国民健康保険や国民年金について研究している専門家はほとんどいません。

また実際、こうした先生に相談するとなると、1回あたり2万円程度の相談料を取られることはよくあります。しかも、結局は安くならないことも・・・

各個人によって、実際に国民健康保険料や国民年金が削減できる金額は様々です。月1万円安くなる方もいれば、月5万円安くなる方もいます。これは、各個人個人によって状況が違いますし、各市区町村によって計算が変わってくる以上、仕方ありません。

しかし、例え上記のBさんのように、月13,000円でも安くなるのであれば、年間で約15万円も手元に残るのです。

たった1年でもです。

これが5年、10年と続ければどうでしょうか?

この国保劇的削減激ヤバテク情報は今年は使えたが、来年は使えない、といった類のノウハウではありません。抜本的な制度改革がなければ、この先も毎年使えるものですので、今あなたが手にすることで、これ以上、損をして欲しくないのです。

例えば、通常の直接相談(コンサルティング)であれば、成果報酬として実際の削減額の50%(初年度分のみ)を頂戴するのが通例です。

年間削減額20万円であれば、10万円、 年間削減額50万円であれば、25万円です。

平均的な成果報酬額はおよそ15万円程ですので、

国保劇的削減激ヤバテク情報の内容や、サポートもお付けする点からも、10万円は頂戴したいところです。

金額だけをみれば高く感じるかもしれませんが、『国保劇的削減激ヤバテク情報』への投資は今年だけ、減額ノウハウは来年以降も使えることも考えれば、決して高い金額ではないことはご理解頂けるかと思います。

ですが、その金額ではおそらく、あなたに手にしていただけない可能性が高いでしょう。

そこで今回は、1ヶ月当たりの平均削減額の25,000円14,800円とさせていただきます。

国保劇的削減 激ヤバテク情報

※各種クレジットカード、銀行振込・郵便振替、コンビニ決済、がご利用になれます。 なお、銀行振込・代金引換の場合は手数料をご負担下さい。

このマニュアルは、国民健康保険・国民年金について全く知識のない方が、合法的に保険料を削減する方法を、ステップバイステップでお伝えしたものです。

ですから、このマニュアルさえ読めば、確実に削減を実施することが可能です。しかし・・・

あなたの不安を解消するメールサポートを無料でお付けいたします

あなたの不安を解消するメールサポートを無料でお付けいたします

「1人で実践するのは不安・・・」

正直、このようなお悩みはあるかと思います。
そんなお悩みを解消するために、無料メールサポートをお付けしました。マニュアルご購入後、60日間(回数は無制限)、メールサポートいたします。
通常、メールサポートをお付けした場合、販売価格が5倍以上となりますが、数量限定価格でご購入のお客様に限り、特別に無料でサポートいたしますので、安心してご利用ください。
『国民健康保険料・国民年金をガツンと削減する』という性質上、実は他の所得税や住民税といった税金も安くなることもございます。手元にキャッシュが多く残るテクニックをお教えしますので、ぜひお気軽にご連絡ください。

⇒support@koujyoken.com

メール到着後、2営業日以内に折り返しご連絡いたします。

支払いを削減できなければ、お金を頂きたくありません。

支払いを削減できなければ、お金を頂きたくありません。

そこで、国保劇的削減激ヤバテク情報を実践しても国民健康保険料や国民年金がガツンと削減できなければ、国保劇的削減激ヤバテク情報巻末添付の「返金依頼書」の必要事項をご記入の上、購入後60日以内に、support@koujyoken.comにメールして下さい。
「返金依頼書」確認後、5営業日以内に国保劇的削減激ヤバテク情報代金(14,800円)をご返金致します。
(なお、振込手数料はご負担下さいますようご了承下さい。また、アフィリエイト経由で購入された方は、アフィリエイト報酬を差し引いての返金になりますのでご了承下さい。)
※記載事項に不備があった場合には、返金処理が遅れることがございますのでご注意下さい。

ただし、何も実践しなかった方に返金申請されても困りますので、国保劇的削減激ヤバテク情報を実践した証として、国保劇的削減激ヤバテク情報に記載されているノウハウを実践し、かつ、メールサポートを真面目に3回以上受けたにもかかわらず、国民健康保険料や国民年金がガツンと削減できなかった場合に限らせて頂きます。

【返金手続きの流れ】

  • 1.マニュアル巻末の「返金依頼書」に必要事項をご記入下さい。
  • 2.「返金依頼書」記入後メールにてお願いします。
  • 3.「返金依頼書」確認後、10営業日以内にご返金致します。

実は、これだけではありません。

あなたの税金をゼロにする戦略的実践法

あなたの税金をゼロにする戦略的実践法

この手間をかけずに税金を0にする完全マニュアルを利用することで、税理士をつけているのと同等以上の節税対策をあなた自身で実施することができます。しかも全く手間がかからないので、知らないと大きな損をすることになります。

  • 税金は難しすぎてよくわからない
  • サラリーマンは給料天引きされているから税金を安くできない
  • みんな平等にとられている
  • だた取られるだけで、自分では何もできない
  • とられていてもみんなそうだから仕方が無い
  • みんなとられているから当たり前

もし、あなたがこのような考えを少しでも持っていたら、今すぐ考えを変えて下さい。手間をかけずに税金を0にする完全マニュアルさえあれば、 税金を安くして、自由に使えるお金を手にすることができるのです。

よくある質問(Q&A)

サラリーマンでも安くなりますか?
はい。安くなります。

人それぞれ生活が違うように、安くなる方法も様々です。基本的に国民健康保険は個人事業主を対象にしています。ですので、個人事業主の方が対策が打ちやすいのも事実です。ですが、サラリーマンでも国保を下げられる可能性が十分にあります。手間以上の節税になることは、いうまでもありません。その方法とは・・・?

私は任意継続なのですが、マニュアルは役立ちますか?
これは人により異なります。

なぜなら、国民健康保険は「昨年の所得」に応じて、決定されるからです。また、任意継続は最長2年間有効ですが、国民健康保険は「昨年」の所得を参考に決定します。ですので、最初国民健康保険が高くて任意継続を選んだとしても、2年目で所得が下がっていれば、国民健康保険が有利になることもありえるということです。

国民健康保険料が払えない場合はどうしたらいいの?
払えないからといって、放っておかないでください。

放っておくことが、一番の問題です。もしも当サイトを見て気になったが、今現在はお金がないし・・・そうお思いであれば、マニュアルに記載した方法で、お住まいの市区町村に行って相談しましょう。

母子家庭で国民健康保険料が高くて払えないんですが、何か優遇されないのでしょうか?
残念ながら、特に優遇といったものはありません。

しかし、母子医療などの優遇が受けられます。これは、万が一入院をしても、医療費の少しの負担と食事代で済む、「最高の保障」です。私は、これ以上に頼れる医療保障は、他にはないと思っております。

国保劇的削減 激ヤバテク情報

※各種クレジットカード、銀行振込・郵便振替、コンビニ決済、がご利用になれます。 なお、銀行振込・代金引換の場合は手数料をご負担下さい。

成功保証付き 完全返金保証

今回特別に完全返金保証をご用意しました。もし国保劇的削減激ヤバテク情報を実践して結果がでなければ、ご購入費用をそっくりそのままあなたにお返しします。

国民健康保険料・国民年金の削減をお手伝いする、コンサルタントや仕業の方は少なからずいますが、成功保証を付けている業者は絶対にありません。

ですが、僕から言わせれば、成功保証が出来ないノウハウやコンサルなんて、実践するに値しない真っ赤な偽物です。そんなニセモノが唱える国民健康保険料・国民年金の削減方法と一緒にされたくないということもあり、加えて国民健康保険料・国民年金の支払いで苦しんでいる方全員を救いたいとの気持ちを込めて、全額返金はもちろん、成功保証制度をご用意しました。

ですので、国保劇的削減激ヤバテク情報を試してみて、もし自分にはあわないと思ったら、遠慮なく返金を申請して下さい。

それは、あなたの責任ではなく僕の責任です。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

国保劇的削減激ヤバテク情報は、儲けるのとは違う方法、国保・年金・税金を安くすることで、自由に使えるお金を手にしてもらおうと考えて作成したものです。
国保劇的削減激ヤバテク情報の内容は、税理士も教えてくれないダークな部分も含めて、相当なリスクを抱えて提供しているため、いつ販売停止となるか分からない状況です。

予告無く販売停止となってしまった際は、申し訳ありません。

とにかく1日でも行動するのが遅れてしまえば遅れてしまうほど、ガツンと取り戻せるはずのお金がどんどん少なくなってしまいます。それはつまり、手に入ったはずのお金が、どんどん減っていくことなのです。

これは非常にもったいないことです。
ご購入者の中からも、「もっと早く知っていれば…」との声をよく頂きます。

国保劇的削減激ヤバテク情報を実践することによって、違う方法でお金を手にすることができるようになります。 この国保劇的削減激ヤバテク情報は、「月に何十万円と儲かる!」という話ではありません。ですが、考えようによっては、どんなお金儲けよりも、効率よく自由に使えるお金を手にするようになったと思います。

「お金は欲しい!」「無駄にお金を払いたくない!」
そう思っている人のお役に立ちたい、と本気で思っています。

国保劇的削減激ヤバテク情報で、あなたがお金を手に入れることができ、
「やってよかった!」
そう感じてもらえるのが一番の喜びです。

国保劇的削減ヤバテク情報は、多くの雑誌で紹介されました。